在校生座談会

福専の授業の印象は?
そして将来の夢に向けて。

こどもたちのことを考えるとワクワクする

お集まりいただきましてありがとうございます。学校の魅力などについてお話いただければと思っています。まずは簡単な自己紹介をお願いします。
福田さん
介護福祉学科2年の福田です。将来は介護職につき、お年寄りの方々に寄り添って身の回りのお世話をしていけたらと思っています。
市村さん
こども福祉学科2年の市村です。保育士を目標に実技や座学などを毎日、勉強しています。ちょっと苦手な授業もあったりしますが、前向きに頑張っているところです。
東さん
私は2年間のこども福祉学科修了後、さらに知識や技術を深めたいと思い、こども未来専攻科へ進学しました。今年、最終年度である第2学年を迎えています。
ありがとうございます。苦手な授業というキーワードが出ましたが、まずは楽しい授業から聞いていきましょうか。
福田さん
授業は座学・演習・実習に大きく分けることができます。その中でも特に演習の授業が好きですね。クラスメートと一緒に、介護者と利用者に分かれて行うのですが、介護を受ける立場になり食事・入浴介助などをやってもらうとすごく学びが大きいです。自分が介護者になった時、どんな風に接したり声掛けしたりすればいいかイメージしやすくなります。
市村さん
私も演習の授業が大好きですね。特にパネルシアターづくりが楽しいかな。布を貼り付けたパネルの上に人形をくっつけたりはがしたりして物語を作っていく授業なんですが、みんなでアイデアを出し合いながら仕上げていく過程がおもしろいです。「こどもたちにこれを見せたらどんな反応をするだろう」って考えるとワクワクしてきます。

一つ一つの授業が自分の目標へとつながっていく

苦手な科目は克服できそうですか?
市村さん
実は学校に入るまでピアノをほとんど触ったことがなくて、最初はピアノの授業についていけず大変だったんです。「ドレミファソラシド」すらわからなかったという初心者でした。何回か授業を受けまったくついていけなくて、さすがにこれは、まずいと感じました。そのため、練習用のピアノを買って自宅で練習したり、ピアノ教室へ通ったりして特訓しました。先生やクラスのみんなも励ましてくれますし、この一年で少しずつですが上達してきましたよ。両手でも弾けるようになりました。
東さん
私もこども福祉学科のころはピアノの授業を受けていましたね。こども未来専攻科に進学してからはクラスが少人数ということもあり、みんなで助け合いながら課題を進めています。特に教育連携している近大姫路大学との合同授業がすごく刺激になっています。他県の学生たちとディスカッションすると幼児教育についての考えの幅が広がるのを感じます。
こども未来専攻科では、新しいことを学んだりもしますか?
東さん
こども福祉学科では保育のことを中心に勉強してきましたが、こども未来専攻科ではそれに加え養護教諭1種免許も取得できます。保健教育の教師としての就業も可能になるため、様々な病気やそれを適切に処置するための応急手当、お薬のことなど、新しいことをたくさん覚える必要があるので少し大変です。でもそれらを覚えることで、こどもが持つ障害や心のケアについても詳しく学べます。自分の将来にすごくプラスになるだろうなと感じていますね
福田さん
僕は去年受けた縫い物の授業が大変でした。USBメモリを入れるための小さな袋を自分なりに考えて作ってみたんですが、不器用なため他の人よりもすごく時間が掛かってしまいました。でも下手ななりにも同級生に助けてもらいながら何とか完成させることができて、ともかくやり遂げることが大切なんだと実感しました。苦手だからといって、実際の現場に出てから避けるわけにもいきませんからね。一つ一つが自分の未来につながっていると思い、どんな授業でも努力しています。

望む未来を思い描きながら、残りの学生生活を

未来のお話が出たところで、最後に将来の目標を聞かせてもらえますか。
福田さん
思いやりを持って介助ができる介護福祉士になることです。ただ働く現場については施設がいいのかグループホームがいいのか、自分の適性を見極めながら考えている最中です。来月から最後の実習が始まりますので、そこでイメージを固めていきたいと思います。
市村さん
もちろん保育士になることが目標ではあるのですが、福田くんと同じで就業の場については色々と思いを巡らせいるところです。こどもだけではなく、社会の様々な年代の人と関わりを持っていけたらと漠然と考えてみたり。社会福祉協議会のような市の組織も視野に入れているところです。
東さん
今年で累計4年間に及ぶ金沢福祉専門学校での学生生活が終わります。保育に始まり、養護教育や保健のことについても学ぶことができました。こども未来専攻科を卒業することで学士(大学卒)の学位を持つことができますし、自分の可能性が大きく広がったと感じています。残りの学生生活を過ごしながら自分が望む未来の姿を思い描けたらと思います。
みなさん、未来へ向けてがんばってください。ありがとうございました。