ブログ

Blog

2021.06.29

紫陽花

今月に入って金沢も梅雨入りしましたが
暑い日が続き、所々で線状降水帯による雨が降っているものの
先週までは、梅雨らしい天気が感じられませんでしたね。

今日の金沢は、午前中は曇り空🌥
午後からは雨空になりました。
ようやく梅雨空でしょうか

ところで
梅雨の季節の花といえば
紫陽花(あじさい)ですが
近頃、いろんな紫陽花を見かけます

これも紫陽花です。

以前、能登方面のこども園の先生に切り花で頂いたのですが
家の庭に挿し木をしたら大きくたくさんの花を付けました。

まん丸い紫陽花とは違いとっても華やかです。
その名は「隅田の花火」という名の紫陽花です。
名前の由来は隅田川の花火だそうです。

皆さんが花といっているのは本来はガクと呼ばれるもので

本当の花はこの小さな部分の花です。

紫陽花は挿し木で簡単に根がつきます。
しっかりと根がつくことから
お寺に植えられていることも多いと聞きます。

石川県では
別名「あじさい寺」とも呼ばれる能登町の平等寺で
境内に咲き誇る約130種4000株のあじさいが咲き誇ることが知られています。
今年はコロナ禍で中止となりましたが
毎年「あじさい花灯り回廊」というお祭りがあるそうです。

金沢には町の名前が「寺町」という所などありお寺も多くあります。
金沢福祉専門学校の近くにも
大乗寺丘陵公園があり、見頃のようです。
自然が豊かなお寺の側の公園です。

機会がありましたら行ってみて下さい。