ブログ

Blog

2021.05.13

カラスノエンドウ

早くも5月の中旬になりました。
旬の草花が咲き始め、道は鮮やかになってきています。

先日、学生たちと外を歩いていると
カラスノエンドウがたくさんさいていました。

「これ子供の頃に遊んだよね」
「うんうん この豆好き」

「この豆の音鳴らすの得意だったよ」
「この豆の料理得意だよ」

「え?料理?」

地元で育っている植物と同じものを目にして、
留学生たちは嬉しそうに目を輝かせていました。

ネパールでは、カラスノエンドウをそのまま食べたり、ゆがいて食べたり
炒めたり、似たり、サラダにしたり、漬物にして食べることを教わりました。

日本では子供たちがカラスノエンドウの豆の部分を笛がわりにして遊んでいます。
食べられることを知り、さらに野花に興味が湧いてきました。
身近なもので文化交流を楽しめた時間になりました。