ブログ

Blog

2018.07.09

奨学金授与式

いつも、当校の専門教育へのご理解・ご支援頂き、感謝申し上げます。

 本日、介護福祉学科2年生のうち学生1名に対する、奨学金授与を頂きました。

 一般社団法人 生命保険協会 石川県協会 事務局長 若山青二氏より表彰状を頂きました。
毎年介護福祉教育に関してのご支援を頂いており、未来の福祉人材への支援を頂いております。

本年度も、当クラスより1名を推薦いたしましたが、今回ご支援を頂くこととなり、身の引き締まる思いです。
学生も、この暖かいご支援に応えられるように、毎日の実習に励んでおります。

 現在、社会情勢の変革もあり介護福祉士を目指す学生の減少もありますが、その中でも「人間の尊厳」を守り、日々の営みとしての生活を支え、生命の質を保障し、人生の質を保障するという、ヒトにしか出来ないこの素晴らしい仕事に携わりたい・学びたい、そんな志の高い学生達のご支援を頂戴し、本当に感謝の気持ちで一杯であります。

 「福祉」はヒトの手でしか創造し得ないものです。
 だからこそ、たくさんの方にこの仕事の素晴らしさ・必要性など、私達が伝え続けていくこと、学生自身も学びも深め「介護の伝道者」として将来現場で活躍できる事を願うばかりです。

 現在、介護2年生は最後の実習に臨んでいます。色々壁にぶつかりながらも、利用者に向き合い、自分自身に向き合い1日1日を進んでいます。
7月いっぱいで実習を終えますが、皆がイキイキと帰ってくること、そしてたくさんの方々が乗り越えてくれることを期待しています。
つらい事も乗り越えて来て欲しいなと思います。待ってますよ!!!