ブログ

Blog

2017.11.22

卒業生の来訪

木枯らしが吹くのは寒いけれど、銀杏並木の黄色が鮮やかな季節ですね。
今日は、先日卒業生が遊びに来てくれた時の話です。

彼女は職場の休日を利用して金沢に出てきたので学校にも寄ってみたとのこと。
「久しぶりね。元気そうで良かった。図書室にも来てくれてありがとう!」

彼女は障害者施設で児童の支援にあたっているそうで、「子ども達に先生って呼ばれてるんです。」と、頼られながら一生懸命に働いている様子がうかがえました。

「あまり上手に話せない子がいるんですけど、数年前の日誌を見ると全く話せなかったと書いてあって、ゆっくりでも成長してるんだなって実感します。」という彼女の言葉が印象的でした。記録することの意味と大切さを理解し、実践に役立てているところが素晴らしいですね。

「お給料は何に使ったの?」というお決まりの質問には、「いとこを食事に連れて行って嬉しかった。」とのこと!
スゴイな~♪ 最近、人に御馳走してないかも…。私もしっかりしなきゃ...と、まぶしいほどに成長した卒業生から大いに刺激を受けた日の話でした。

思い出した時にはまた顔を見せに来てください。
無理しないでお仕事がんばってくださいね!